母の日、父の日、敬老の日──日頃の気持ちを伝えてくれる 家族で楽しむ贈り物

「cocoal(ココアル)」のフォトアルバムの作り方

cocoalの中身

「cocoal(ココアル)」は、作成ソフトのダウンロードなどは必要ありません。使うのは専用のWebアプリなので、アルバムのレイアウトから注文まで、すべてWeb上の操作だけでできてしまいます。

もちろん途中保存しておけるので、好きな時間にアルバム作りに取り組めますよ。

【注】保存できるフォトブックは1冊です

cocoalのWebアプリ動作環境
Windows Vista以降:1GB以上(快適に利用するには2GB以上推奨)

※PCで同時に起動しているアプリの状況や、写真の枚数やサイズ(画素数)によっては、より多くのメモリが必要になる場合があります

まずはアルバムに使う写真をWeb上にアップロード

「cocoal(ココアル)」サイトにアクセスして、使いたい写真をアップロードします。

一括アップロードが可能なので、アルバムに使いたい写真は、あらかじめ1つのフォルダにまとめておくと作業しやすいのでおすすめ。

写真は、画素数が大きいほうがきれいに印刷できます。L版サイズに印刷する場合、400万画素(2400×1800px)以上が目安です。

アップロードできる写真のファイル形式と上限はこんな感じ。これより大きな写真の場合、手持ちの画像編集ソフトで縮小したり解像度を落としてからアップロードします。

ファイル形式 JPEG(.jpeg/.jpg)
ファイルサイズ 25MB以内
解像度(画素数) 25000万画素以内
枚数 100枚以内

アップロードする枚数は、20ページのフォトブックの場合、見開きが9パターンとなるので、必要枚数は18枚以上。片方のページに写真を大きく1枚、もう1ページには3~5枚配置するといった場合は、もう少し枚数が必要になります。

というわけで、最低枚数は20枚くらいとなります。20枚未満だと、同じ写真がダブって表示される部分が出てきます。

全部で30枚~50枚あれば、レイアウトもきれいに決まるようです。

テーマや形式を選択

アップロードがすんだら、お気に入りの写真を5~6枚ほど選択します(増やしすぎないように注意)

お気に入りに選んだ写真は、自動レイアウトするときに大きくレイアウトしてくれるんですよ。

そして、フォトブックのサイズ、ページ数、デザインテーマを選択していきます。

このとき「写真の配置方法」を「自動」にすれば、写真の撮影日時を基に、アップロードした写真の枚数と選んだページ数に応じてちょうどよく配置してくれます。

ページを編集

もちろん、自動レイアウトで気に入らない部分があっても、「写真一覧」からドラッグして入れ替えすることができます。

配置に悩んだら、「簡単シャッフル機能」をクリックすれば自動で入れ替えしてくれます。

ただ、「ページの追加」は、必ず編集する前に決定します。編集した後に変更すると、それまでの編集が取り消されてレイアウトし直されてしまうので要注意です。

仕上がりを確認して注文

全ページの編集が終わったら、プレビュー画面でできあがりをチェック。問題なければ、「注文ボタン」をクリックして注文となります。

(※写真は2014年3月7日に開催された2014年母の日フェアに展示されたフォトブックです。リンクシェア&ジャストシステムから提供いただきました)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

特集記事

フォトブック「cocol(ココアル)」

管理人自己紹介

管理人 管理人:sumi
大切な人と、「分かち合う」楽しみを届けてくれる贈り物に注目して情報を発信していきます。
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.