マイブック作品いろいろ

「写真の贈り物」といえば、真っ先に思い浮かぶのはフォトフレームかもしれません。でも、フォトブックも侮れない楽しみがあります。

最近ではコンデジの性能もアップしたり、お手ごろ価格のデジイチが浸透してきたこともあって、個人でも高品質な写真を気軽に撮れるようになってきました。

撮った写真を皆に配ることができる気軽さは、フォトフレームでは味わえないフォトブックならではの楽しみです。

せっかく撮った写真をパソコンの隅に眠らせてしまわないで、これからはフォトブックで活用してみませんか?

可能性は無限大

マイブックのミニタイプ

先日、大阪で開催された展覧会で見かけた中に、「MyBook」の「マイブック・ミニ」(12P、参考価格945円)が紹介されていました。

サイズは76(70)×76(70)mm/外寸(内寸)、背幅は6mm。名刺代わりに魅せる小さなフォトブックです。

手のひらサイズなので、ポケットに収納できる携帯性が特長。写真のそばには、「おひさまのしたでたべるごはんは、おいしいよ♪」と、まとまった字数でコメントを入れることができます。

こうしたミニブック形式のものは、オフ会の席での話題作りや、ビジネスパーソンのコミュニケーションツールとしてもおすすめ。

自分のお気に入りや趣味、家族紹介など、可能性はアイデアしだいで無限大です。

大切な人へ 今を伝えるメッセージ

贈り物にも人気のフォトブック

上で紹介したのは特殊な例ですが、フォトブックの主流は子どもの成長記録のほかに、旅行、卒業、結婚式などがあります。

秋になると運動会や、敬老の日に贈るお孫さんの写真集に人気が集まるそうですよ。まさに「今」を記録するアイテムです。

スピードでは即日仕上げの店頭注文にはかないませんが、個性やオリジナルを追求するならネット注文がおすすめ。作成方法は大きく分けて2種類あります。

フォトブックの老舗、「MyBook」を例に簡単に流れを見てみましょう。

編集ソフトをダウンロードして自分のパソコン内で作成する

編集画面1

写真配置は「ボックス」として、ひな形が用意されている

とことんオリジナルを追求するなら、編集専用ソフト「MyBookEditor」を使って自分のパソコン内でレイアウトするのがおすすめです。

ソフトは「MyBook」のサイトで、無料でダウンロードすることができますよ。

編集方法は「手動で配置」と「自動で配置」の2種類があり、「手動で配置」で編集すれば、よりオリジナル性の高いフォトブックを作成することができます。

編集画面2

写真の並び順で自動的にレイアウト パターンがいくつかあるので好きなものを選択

「自動で配置」は1ページに1枚しか写真を配置することができませんが、背景やデザインに主体を置かない分、スピーディーに編集・作成することができる編集方法です。

写真配置にはいくつか用意されたパターンがあるので、気に入ったものを選択するだけでOK。自動的にざっくりとレイアウトしてくれるのでラクチンですよ。

ただ、どちらの編集にしても、「自分でデザインできる」ということは「自分でデザインしなければいけない」ということにほかなりません。背景選びや写真の配置、文字の配置など、慣れないと難しく感じてしまうでしょう。

でも「MyBookEditor」の写真配置はあらかじめ用意されたひな形で設定することが可能です。写真のレイアウトのほか、フレームやイラスト、背景イメージなども多数用意されているので、比較的簡単にレイアウトすることができますよ。

掲載する写真の順番を紙の上でざっくりとデザインしておけば、パソコンで年賀状をレイアウトするような感覚で各ページを作成していくことができます。

ホントに簡単 ウェブ上でレイアウト編集「かんたんMyBook」

簡単編集1

デザインは楽しいイラスト入りのものから、写真集っぽいものまで豊富

「かんたんMyBook」は、「MyBook」のサイト上で編集する方法です。

会員登録しておけば、編集途中で保存しておくことができるので便利。手持ちの写真をアップロードして、気に入ったデザインを選ぶだけです。

デザインは順次追加されていて、現在のところ33のテーマから選ぶことができます。

あらかじめ出来上がったテンプレートに写真を配置していくので、着せ替え感覚に近いフォトブックといえます。

簡単編集2

配置は固定されていますが、文字入れもOK

写真配置はもちろん手動でもできますが、「自動で配置」で編集すれば、フォルダ内の写真の並び順で、自動で写真配置をやってくれるのでさらに簡単。

写真の挿入や置き変えをして微調整するだけでOKです。

フォトブックに初挑戦の人や、レイアウトにちょっぴり自信がない人も、「かんたんMyBook」なら手軽にフォトブックの醍醐味を楽しむことができるのでおすすめです。

ショップサイトをチェック⇒オリジナル写真集ならMyBook