この記事はアクセス解析をもとに、どの記事に人気が集まったのか集計してランキングしています。

5月になると、母の日の「遅れてごめんね!」特集に注目が集まるシーズンですよね。今年は母の日単独に加え、「父の日母の日ペア」を探している方が多かったように思います。

キーワードでも、「母の日 父の日 ペア」や「母の日 父の日 ペアギフト」といったストレートなところが目立ちました。

1位 育てるキット「箱いも」


【日比谷花壇】【父の日】【ネット限定】育てるキット「箱いも」

父の日の人気アイテムの一つ、栽培キット。これまでは箱田んぼなどが主なものでしたが、2012年はサツマイモが登場です。注目度もグッとアップしたようですね。

2位 遅れてごめんね! 母の日には間に合わないけど、気持ちを届ける贈り物

画像はありません

日比谷花壇の「遅れてごめんね」特集です。通常のネットショップでは母の日の後1週間くらいで売り切れて終了してしまう所が多いのですが、日比谷花壇の場合は通常のネット販売に移行しているものが多いようで、6月いっぱい利用できるところが魅力的。

そのため定番のカーネーションなどはありませんが、ゆっくり都合に合わせて選ぶことができます。

ざっくり言うと、取り扱い期間の長さが違います。でも、こういったことが「遅れてごめんね」特集の中でももっともランキングを上げた理由の一つかもしれません。

3位 サファリクリエーター「ナイル川」

画像はありません

3位も父の日アイテムがランクインです。

サファリクリエーターは、自分でフィギュアを飾るマン盆栽っぽい要素を持ったインテリアですが、父の日はやはりこういった「自分で工作する」というスタイルの人気が高いようです。

4位 遅れてごめんね! 極上の着心地パジャマで父&母のペアギフトを贈る

画像はありません

4位は父の日、母の日のペアギフトがランクイン。着心地のいいパジャマを扱うパジャマ屋さんのアイテムです。ペアギフトというか、2人分をチョイスするというところがちょっと変わっていますよね。

こちらも、6月頭までという母の日から見ると少しゆったり目の締め切りだったためか上位にランクインしています。

5位 常温で置いておける 凍らせて食べるアイスデザート(ダンケ)


凍らせて食べるアイスデザート(ダンケ)

蒸し暑くなってくると上位に入ってくるのがアイスのギフト。ダンケは凍らせてから食べるアイスなので、温度を気にせず贈ることができる便利アイテムです。

先様の都合に合わせやすいという部分で人気を集めているようです。

6位 父の日に贈りたいサプライズギフト カサブランカのボックスフラワー

iconicon
ボックスフラワー「カサブランカ」icon

箱を開けるとお花の香りがフワッと広がるのが魅力のボックスフラワーは、香りを楽しむお花が特におすすめ。香りのびっくり箱のような演出ができます。

フラワーギフトはアレンジメントや花束にスイーツを合わせるセット物に注目が集まりやすいですが、お花単体で選ぶならボックスフラワーもおすすめの一つと言えるかもしれません。

7位 Bun Bun!Beeの遅れてごめんね母の日は、全品送料無料

画像はありません

1週間程度で終了してしまったためか、ランキングでは順位が低くなってしまいましたが、Bun Bun! Beeの特長は、「遅れてごめんね」特集であっても鉢植えやカーネーションアイテムを扱っているところ。母の日らしい贈り物を届けることができます。

ただ、そういったカーネーションアイテムはあっという間の売り切れでしたが…(汗)

8位 10年樫樽寝かせ麦焼酎『3650』とヒマワリの花束

画像はありません

父の日定番のお酒アイテムが8位にランクイン。10年の歳月をかけて醸造された、ちょっと特別な麦焼酎に、ヒマワリの花束を添えた父の日ギフトです。

母の日は鉢植えの人気がとても高いのですが、父の日はどちらかというと花束に人気が集まるというのは、ちょっとおもしろいですよね。

9位 2012年母の日 イイハナのリーガスベゴニア徹底解剖


「母の日フェア2012」クロスワークの笠井さんから写真提供

母の日アイテムの名残でしょうか。母の日シーズンに注目を集めたリーガスベゴニアの特集記事がランキングに残りました。ただ、この時期になると注文というより、「いただいたんだけどどう育てたらいいのか」に関心が移るようです。

育て方のページじゃなくてすいません(汗)

10位 モダンローズ(ミックス・ピンク)

ちょっと変わった顔がランキングに浮上してきました。イイハナの選べる花束「モダンローズ」シリーズが10位にランクイン。

モダンローズは、シンプルにバラの花を束ねたタイプの花束なので、デザイン花束のような豪華さはありません。でも、自分のニーズに合わせて花束の大きさを調節することができる、ちょっと変わった花束ギフトです。

そういった無駄の無さがウケたのでしょうか? ちょっぴり謎なランキングでした。

【関連記事】
2012年4月の人気記事ランキング
2011年5月の人気記事ランキング