花

年齢の区切りで祝う長寿ですが、そのお祝いにはどんなものがあるのでしょう? 簡単に一覧にしてみました。


還暦(かんれき) 60歳 or 61歳
呼び名の由来:生まれた年の干支に戻ることから。お祝いの色「赤」。


古希(こき) 70歳
呼び名の由来:杜甫の漢詩「人生七十古希稀なり」に由来して。お祝いの色「紫」。


喜寿(きじゅ) 77歳
呼び名の由来:「喜」を草書体にすると「七」を3つ重ねた形になることから。お祝いの色「紫」。


傘寿(さんじゅ) 80歳
呼び名の由来:「傘」の俗字が「八」「十」を重ねた形になることから。お祝いの色「紫」。


米寿(べいじゅ) 88歳
呼び名の由来:「米」をくずすと「八」「十」「一」となることから。お祝いの色「金茶」。


卒寿(そつじゅ) 90歳
呼び名の由来:「卒」の略字が「九」「十」と重ねた形になることから。お祝いの色「金茶」。


白寿(はくじゅ) 99歳
呼び名の由来:「百」から「一」を取ると「白」になることから。お祝いの色「白」。


紀寿(きじゅ)、上寿(じょうじゅ) 100歳
呼び名の由来:一世紀の「紀」から。中国の思想家荘子の書「上寿百歳」から。百賀の祝いともいい、百歳以上は百一賀、百二賀と毎年お祝いをします。お祝いの色「白」。


近年では、日本百貨店協会が66歳を「緑寿」(ろくじゅ)とすることを提唱していることから、60歳から100歳まで、きれいに並ぶ形になっています。緑寿の呼び名の由来は、21世紀が「環境の世紀」と言われることから緑をイメージし、緑々(66)寿を簡略化して緑寿としているそうですよ。ちなみにお祝いの色は「緑」です。

百貨店発案というと、ちょっとがっかりしてしまう人もいるかもしれませんが、肝心なのはお祝いする気持ちですから、きっかけは実はなんでもいいのかもしれません。

ただ、「まだ自分は若いのに」といった感想を持たれることもあるので、こうしたお祝いはご本人の意向を重視することが大切です。

それから、こうした節目は一般的に数え年で数えることが多いようです。が、満年齢で数えるのか、数え年で数えるのかは、その土地の習慣やそれぞれの家の方針もあるので、周りと相談しながら決めるのがいいと思います。

お正月ごろから誕生日の間、もしくはその年の敬老の日を目安に、人を集めて会を催す場合はお年寄りの体調も考慮しつつ判断していきます。