Smasha

写真は3月8日(金)に開催された「母の日フェア2013」のもようをクロスワークの笠井さんから写真提供していただきました。ありがとうございます!

管理人もネットのライブ視聴で参加させてもらったので、詳細をご紹介します。

Tシャツ、マグカップ、タンブラー ── 大切な写真のある方は身近なグッズに写真をプリントして贈り物にするのもすてきですよね。

写真用品のショッピングサイト「フジフイルムモール/フジフイルムプリントサービス」でも、いろんなグッズに写真をプリントすることができるのですが、今回の母の日フェアでちょっと注目だったのが「オリジナルiPhoneケース」です。

手持ちのお気に入りの写真から、簡単にiPhoneケースを作ることができるんですよ。

作り方は簡単!とっておきの1枚を用意するだけ

準備はお気に入りの写真を用意するだけでOK。注文はパソコンからします。写真の配置やサイズ変更はWebサイト上で調整することができますよ。

オリジナルiPhoneケース作成画面
フジフイルムモール/フジフイルムプリントサービス オリジナルiPhoneケース作成画面

え~っと、取り込んでる画像にラーメンなんかが写ってますが気にしないでください。

1枚目の写真は携帯で撮影した画像だったので、640×480ピクセルしかないため「小さい」とメッセージが出て、他の写真は位置がいまいち決まらなかったんです。テストです、テスト(汗)

縦長のスマホケースに合わせていい感じで表示するように調節するには、写真の構図の関係もあるので、ちょっぴりコツがいるかもしれません。

でも使うのはJPEGファイルなので、ファイル形式が同じであれば、自分でデザインしたイラストでもスマホケースを作成することができますよ。子どもさんがお絵かきしたものをスマホケースにすることもできちゃいます。

簡単なメッセージもOK

文字入力欄
フジフイルムモール/フジフイルムプリントサービス

スマホケースの下部に文字を入力することができるので、簡単なメッセージを入れることも可能です。

最大文字数は30文字。機種依存文字には対応していませんが(編集画面で「?」になるのでわかります)、英文フォントで12種類、日本語フォントで19種類が用意されています。

記念日の日付を入れたりするだけでも、ちょっと思い出深い物になりそうですね。

オリジナルiPhoneケース

できあがるとこんな感じ。昔、「象が踏んでも壊れない」とCMでやってた、あの筆箱と同じポリカーネート製なんですよ。注文後5営業日くらいで手元に届きます。

ショップサイト⇒smasha(スマシャ)